田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
秋を感じる焚き火小屋にて・・美味しい「かまどご飯」をいただく・・
b0169869_9153973.jpg


(場   所)  しまね自然の学校 倶楽部はうす
(参 加 費)   ¥3,000   (体験料・昼食材料費代)
(募集人数) 10名様    焚き火を使った料理など、豊かな食の環境に興味のある方。
(申込締切) 10/25までに、ブログの鍵コメでもお申し込みいただけます。
                  (連絡先をお知らせくだい。当日参加できる方に限ります。)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大切な1組のワークショップ
  我が家の新米を、「かまど」で炊いてみたい!
  「かまど」でご飯を炊く体験をしたい!
  そんな皆様へ・・


〜ベロニカの会からのご提案〜

*「かまど」でご飯を炊く体験・・1,500円〜(体験料)
(時間)3時間程度 
「かまど」で薪を焼べるところから、ご飯を炊くまでの体験をしていただきます。炊き上がったご飯は、入れ物に入れ替えてお持ち帰りくださいませ。
ご飯が炊けるまで、里芋(親芋)で作る「上津のおいもパン」を食べながら、ゆったりとした時間をお過ごしください。


*美味しい「かまどご飯」をいただくワークショップ・・3,000円(体験料・昼食材料費代)
(時間)5時間程度 (募集人数)3名様から
「かまど」に薪を焼べて、新米を炊きます。ご飯が炊けるまで、畑から野菜を収穫して焚き火で調理します。
「かまどご飯」と、冬野菜の料理を、少しお洒落にいただく・・そんな美味しく心地良い時間をお過ごしください。
食事の時間は、ベロニカがすべてサーブいたします。

Top▲ by veronica-t | 2009-10-17 16:01 | workshop | Comments(6)
Commented by nonisaku-hana at 2009-10-19 21:39
>*美味しい「かまどご飯」をいただくワークショップ

是非、参加して味わっていただきたい!!とお薦めします。
それはそれは、ご飯の一粒一粒が・・・愛おしくなるほどの美味しさです。勿論、お野菜も・・・。いつものお野菜に焚き火の魔法がかかったか・・・と思うばかりのお味ですよ。

体験者は語る!でした。(笑)

そしてベロニカさま、父の為の「かまどご飯」も、よろしくお願いします。
Commented by veronica-t at 2009-10-19 22:37
そうなんですよね〜。食べてみないと違いがわかりませんね。
コメントありがとうございます!

お父様のための「かまどご飯」、いつでもどうぞお待ちしております。
また、ご連絡くださいませ。。
Commented by nonisaku-hana at 2009-10-19 23:27
ありがとうございます。チラシがあれば・・・またお手伝いします。

ただ、父の為の「急速冷凍」・・・我が家の冷蔵庫では、ちょっと不安が残ることろです。
Commented by veronica-t at 2009-10-20 10:30
nonisaku-hana様
チラシの件、ありがとうございます。
ただ、この日程を決めた「かまどご飯」は、今のところブログ用にしか作成していません。

それは、『かまど』と『かまどご飯』への想い・・からでしょうか。
今の暮らしに無い『かまど』は、私たちにとって難しそうで重々しく近寄りがたい存在になっているのではないでしょうか・・?
できれば「我が家の米を・・」「かまどで炊いてみたい・・」など、皆様にもっと気軽に『かまど』に触れていただきたいと思っています。
それには、こちらが決めるのではなく、訪れてくださる方に日時を合わせて、お手伝いをさせていただくほうが良いのかなと考えました。
「今日の晩ご飯に・・」とか気楽な気持ちで、もっと身近に『かまど』や火のある生活を体験していただければと思います。

>経験者は語る!
実は、焚き火小屋での心地良い時間を知っていただくのに、チラシやブログ(HPを持っていないので・・)よりも、訪れてくださった皆様が感じてくださったことを話していただくことが何よりも大きな力になっています。ありがとうございます。

お父様への「かまどご飯」、何か方法を一緒に見つけていきましょう!
Commented by nonisaku-hana at 2009-10-20 19:13
>それは、『かまど』と『かまどご飯』への想い・・からでしょうか。

はい、よくわかりましたよ。そして、また経験者として、熱く語って伝道者となりますので。。。(笑)

>お父様への「かまどご飯」、何か方法を一緒に見つけていきましょう!

ありがとうございます。行きたくても行けなかったので・・・嬉しいです。頂き物の新米、取っておきます!
Commented by veronica-t at 2009-10-21 00:44
ありがとうございます。
実は、前に何度かワークショップに参加していただいた方から「今月は何されますか?」と、問い合わせをして下さいました。とても嬉しいです。
今まで何度もゲストの皆様を誘ってくださるnonisaku-hana様にも、毎回訪れてくださるたびに、新しい発見や心地良さに触れていただけますように。。。
<< 秋の焚き火小屋〜田園での昼食会〜 | ページトップ | 里芋の親芋〜上津のおいもパン⑴ >>