田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
受け継ぐもの・・
b0169869_9153349.jpg今週末に紐落としのご予約をいただいた知人のお宅に、片道1時間かけて、当日着られる着物の丈の寸法合わせに出掛けました。
袖をとおし、簡単に紐で結び、鏡で姿を見せてあげると、ちょっと恥ずかしそうにされていました。

この着物は、お母様が紐落としのときに着られたもので、着物の仕立てからお宮参りに羽織られたものでしょうか・・、まるでこの日のためにと思えるほど、大切にされていました。




七五三のお仕事をさせていただいていると、何人かの子供さんが、こうしたお母様が着られたお着物に袖をとおされます。素敵なことだと思います。「年代ものなので、今の流行りと違うけれど・・」こう、お祖母さまが、愛おしそうに着物を撫でられる姿をみると思います。

愛おしそうに撫でられる着物には・・子供の成長を祝う親の想いが込められています。
ここに流行りはありません。


b0169869_9353064.jpg知人のお嬢様の着物の縫い上げをお願いした、和裁師の友人から一枚の写真がメールとともに送られてきました。

・・40年物のセットです。・・まさかのときは、どうぞ・・

その大切にされた綺麗な着物に、「大切に受け継ぐもの」・・
それは形にしてあるものだけではなくて、その想いなんだと感じました。


今朝、知人の奥様からの昨日のお礼のメールが届いていました。
七五三・・「綺麗な着物を着るのが目的じゃないんですよね・・娘やわが家族のことを思ってくださる方々の手で、七五三ができるということ、本当に感謝しております。ありがとうございます。この多くの思いを頂ける事、そしてそれを改めて感謝することが、七五三や通過儀礼の大切さだと思いました。」


・・美容師を続けてきて良かった・・と想う。
Top▲ by veronica-t | 2009-10-09 09:35 | 本業は訪問美容師 | Comments(4)
Commented by nonisaku-hana at 2009-10-09 19:11
>ここに流行りはありません。

ほんとうに、すたれることのない・・「親の想い」ですね。

明日はいよいよ晴れの姿が、多くの方々の祝福に包まれるのですね。素晴しい日となりますように!

>・・美容師を続けてきて良かった・・と想う。

ベロニカさん、わくわくしますね。「訪問美容師」さんならではのお客様との関わり、心の触れあい、本当に素晴しいお仕事です。
Commented by t-haruno at 2009-10-09 21:00
この着物の色といい、柄といい、
江戸時代の浮世絵に出てきそうな感じ・・・。
なんて鮮やかなんでしょうか。
娘が生まれたら七五三の時に・・・と、大切にしまわれていたんでしょうね。
本当ですね。流行なんて、関係ありません。
思いがこもっているし、
なにより、このお着物、美しいです。
小さな女の子が着たら、それはそれは可愛らしいでしょうね?
でも・・・
メールにあるとおり、綺麗な着物、可愛らしい姿のための七五三じゃないですね。

veronica-t さん。
感動のある、素晴らしいお仕事ですね。
Commented by veronica-t at 2009-10-10 00:27
nonisaku-hana様
親の想いは、時代がかわっても変わらないものだと信じています。

今、倶楽部はうすの掃除を終えて帰ってきました。明日は、焚き火小屋ではなくて、カンファレンスルームです。管理人さんに無理を言って、畳を入れていただきました。
晴れの日、素敵な一日になりますように・・(あとは美容師の腕次第・・です。頑張らなきゃ・・)
Commented by veronica-t at 2009-10-10 00:40
はるの様
そうなんですよ、とても鮮やかな素敵なお着物なのです。
知人の娘さんは、とても色白の可愛い子どもさんで良く似合っておられました。
その姿を見守っていらっしゃったお母様の様子が、とても印象的でした。

はるの様、近いうちに是非『上を向いて歩こう 山野愛子物語』を読ませていただきます。

<< ありがとう・・の気持ちを込めて | ページトップ | 子を想う >>