田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
ご無沙汰しております。 ..
by nageire-fushe at 18:15
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
指さす先に・・
b0169869_2382618.jpg

指さす先に・・

いったい、何があるのでしょう・・。



縁あって、この田舎を訪れた方に、
自分が暮らすこの環境の、どこを案内してあげたいですか?

都会から・・、同じような田舎から・・、
縁あって、この田舎に暮らすようになった方に、
自分が暮らすこの環境の、何を伝えてあげたいですか?


そこは、その人が行きたいところですか・・?
それは、その人が知りたいことですか・・?




焚き火小屋を訪れた可愛いお客様が、ここで一番気に入った場所は、
指さす先に広がる・・
b0169869_2384572.jpg

さっきまで遊んでいらした草むらでした。



私が思う場所と、訪れてくださった方が思う場所が
同じとは限らない。

可愛いお客様の指さす先に、それを想う・・。
Top▲ by veronica-t | 2009-09-29 03:03 | 心象のスケッチ | Comments(8)
Commented by nature21-plus at 2009-09-29 13:46
風景というタグの中ですが…

これは、個人的には「心象のスケッチ」と解したいですね!。

グットだス!!。
Commented by veronica-t at 2009-09-29 19:52
ありがとうございます。
「心象のスケッチ」・・あまりにも、nature21-plus様のが素敵過ぎて、同じようなタグを使わせてもらうのは、気がひけますよ〜。

でも、良きアドバイスありがとうございます。
Commented by nonisaku-hana at 2009-09-29 23:47
>私が思う場所と、訪れてくださった方が思う場所が
同じとは限らない。

確かに・・それぞれの思う場所は違っていても・・

素敵なこの「心象のスケッチ」は、ベロニカさんたちの「伝えたい思い、真摯なおもてなし」によって共有できた「幸福」の先に、それぞれの胸にも新しい場所が、生じたのではないでしょうか。

この草むらは、もはやただの草むらではありません。素敵なイスがありふれた風景を、心地よい居場所に激変させました。

より心ひかれる空間となった草むらを独壇場にしていまえるピュアなおさなごの姿は、誰もが微笑みと羨望を禁じえなかったことでしょう。

素敵な時間を巻き戻してくださってありがとうございました。
Commented by veronica-t at 2009-09-30 10:16
nonisaku-hana様n
ありがとうございます。
ただの草むら(牧草地)に、素敵なチェアが置いてあるだけで、今までに思わなかった新しいことを発見できます。
これは、私たちの日常の暮らしにもいえることかもしれませんね。

また、ピュアなおさなごのこの姿に、身近にある子どもの育ちに必要な環境を再確認できました。

こちらこそ素敵な時間を巻き戻すことができました。
ありがとうございます。
Commented by t-haruno at 2009-09-30 15:44
こんちは。
昨日は、私のブログに、コメントをありがとうございました。
さっそくお邪魔させていただきました。
素晴らしい環境での生活、そして素晴らしいベロニカの会の活動。
すごいなぁーーーと思いながら、ブログを読ませていただいています。

焚き火小屋のデザインが素敵ですね!
壁一面の焚き木。
どういう構造になっているのかしら?外の空気は入って来ないの?
と興味津々で写真を見ていました。

まだすべての記事を拝見していないので、これから少しずつ読ませていただきますね。
またお邪魔させてください。どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by veronica-t at 2009-09-30 23:32
はるのさま
こうお呼びしてもよろしいでしょうか・・?
コメントありがとうございます。とても嬉しいです。

薪の壁は、ブログ(http://veronica3.exblog.jp/11806957/)を見ていただくと、十字架(http://veronica3.exblog.jp/10597571/)のフレームがわかると思います。薪は、鉄でできたこのフレームに積み上げてます。それだけですが、とても安定しています。
外の空気は、この薪の隙間だけでなく、あちこちから入ってきます。換気はとても良いです。
またここは『しまね自然の学校』所有ですので、子どもの育ちを意識して作られていて、子どもだけが通れるくらいの隙間もあります。

私も少しずつブログを読ませていただいています。身近なことしか知らないので、はるのさまのブログは興味深いです。
こちらこそ、よろしくお願いいたします。
Commented at 2009-10-02 00:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by veronica-t at 2009-10-02 02:14
鍵コメさま
喜んでいただけて嬉しいです。ありがとうございます。
<< 野良仕事 | ページトップ | 落ち着く・・ >>