田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
耕作放棄地に大豆を
at 2017-06-16 07:12
その人を思ひて、花一輪
at 2016-10-08 19:27
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
>tomokeさん 実..
by veronica-t at 11:52
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:52
>tomokeさん お..
by veronica-t at 10:46
おはようございます。 ..
by tomoke at 10:11
>tomokeさん ご..
by veronica-t at 23:18
>6/16/22:45鍵..
by veronica-t at 23:09
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
キャンプ
軽自動車に必要なものだけ積んで、今年もキャンプに出かけた。親子二人でのキャンプ・・。
b0169869_18272285.jpg

今から6年前、長男が小学校に通っている間に・・と、必要なものだけを持ってキャンプに出かけたのが、我が家のキャンプの始まりだった。

「なぜ、キャンプ・・?」「しかも家と同じような山でのキャンプ・・?」
当初、よくこう聞かれた。行き先が山というのは、山里育ちの私には海の知識は無く、山の中のオートキャンプ場なら、まだなんとか出来るだろうと考えたからだった。

我が家のキャンプに必要なもの・・それは食料、テントとマットとタープ、寝袋、ダッチオーブンと薪、ランタン、あとは各自着替えに食器だけ・・、ゲームも持たず、携帯も最初のキャンプ場は使えなかった。

私にはキャンプの経験が無く、小6の長男に教わりながらのキャンプだった。長男の知っているキャンプとは、しまね自然の学校流+自己流・・。
喧嘩しながらもテントを張ったり、食事の準備をしたりと大騒ぎだった。でも、とても楽しかった。

夜・・星空を眺め、ゆっくり珈琲を飲もうものなら、「お母さんひとり、ずるい」と子供らも自分の飲み物を持って星を眺める。
すると・・
「お母さん、あのね・・」
ゆっくりと星空を眺めた珈琲タイムは、たくさんの「あのね・・」を聞けた親子の大切な時間になった。

同じ親子の時間も、普段の生活ではテレビなどからの、さまざまな情報が飛び交い、こうしてゆっくりとお互いの気持ちを語り合う時間を見失っていたことに気づいた。


b0169869_10311178.jpg今でも、火のある時間・・親子で向き合える時間を大切にしたキャンプをしている。
数年前、我が家に合ったオートキャンプ場も見つかった。

そして、去年から長女と二人のキャンプになった。

火を焚き、おばあさんの野菜を調理し、子と向き合い語らう食事の時間。
そして、テントでの女同士の話はつきない。


長女に聞いてみた。
「ねえ、キャンプ楽しい? ホテルとか旅館のほうが良いんじゃない?」
すると「私は、自然の中で過ごすキャンプが良いし、楽しい!」と、答えてくれた。

長女とのキャンプも、あと少しだけだろう・・
母の独りよがりキャンプでなかったことに、少し安心した。




b0169869_10244144.jpg
オートキャンプあびれ
もともとあった木々を生かしたキャンプ場。焚き火も、思う存分楽しめます。
毎年、オーナーのおじさんや、おばさんとお話をするのを、私たち親子は楽しみにしています。





Top▲ by veronica-t | 2009-08-14 21:47 | | Comments(2)
Commented by nature21-plus at 2009-08-16 15:33
ぐるぐるぱんとシシカバブーがとても美味しそう…。
しかし、ダッチオーブンでこんなに素敵なパンを焼かれると、焚き火小屋のパン窯の製作者としては、その存在意義を失いそうです。

ほんとに、美味しそう…!。

あびれもグットです。
Commented by veronica-t at 2009-08-17 00:54
ぐるぐるパンとシシカバブー、とっても美味しかったですよ。
しかし・・よく人が通るサイトなので、
チラッと見る方、ジーッと見られる方、注目をあびてます。
でも気にせず食べています。

我が家はキャンプで、毎回パン焼きをしていますが、今年ほど「パン焼き窯を持ってくれば良かった〜!」と感じたことはない。
鉄のパン焼き窯は、やはり便利です!

あびれは、自然の学校のスタッフの方から、紹介してもらったキャンプ場です。
自然の学校のキャンプのように、キャンプ場でない本当の自然の中で、キャンプが出来たら一番良いのでしょうが・・
それが出来ない私には、ここオートキャンプあびれは、とても良いです。
良いキャンプ場を教えていただいて、ありがとうございます。
<< 『鉄のパン焼き窯』で焼く 美味... | ページトップ | 焚き火小屋の玉葱 >>