田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
ゴーヤドリンク
at 2017-07-27 11:38
ローザビアンカの浅漬け
at 2017-07-27 09:57
夏本番を迎えて
at 2017-07-24 11:21
お土産は、いつものガトーショコラ
at 2017-07-21 17:13
夜露に濡れながら
at 2017-07-12 19:07
ゆっくりと時を過ごす畑に
at 2017-07-11 01:15
清らかな風景に玉葱を…
at 2017-07-07 06:50
これからを逆算する
at 2017-06-25 15:05
心地良いキッチンに
at 2017-06-22 00:07
暮らしを考えて
at 2017-06-20 22:35
カテゴリ
フォロー中のブログ
link
最新のコメント
*tomokeさん び..
by veronica-t at 12:05
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:04
*草子さん おはようご..
by veronica-t at 07:38
こんにちは。草子です。 ..
by green-field-souko at 11:57
*tomokeさん こ..
by veronica-t at 22:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 09:30
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
いつでも どこでも おひとりさまから
b0169869_072699.jpg私の本業は、美容師です。
「田園に豊かに暮らす」ライフスタイルを探し始めたときに、この仕事についても考えました。
そして自分のこれからも考えながら、いつかはやりたかった『訪問美容師』を始めることにしました。

そのきっかけは、お客様の言葉と祖母の存在でした。

「私は、おじいちゃんじゃないよ。歳取っとるけど、いつまでもおばあちゃんだから。同じ短くするのも美容院がいい。」80才代で刈上げをされるお客様の、いつまでも女性らしく生きたいと思う言葉。
「若い頃からの行きつけの美容院は遠くて一人では行けなくなってね。でも近くに良いところがあって良かったわ。でも・・ここにも来れなくなったら・・どうしようかね・・・。」そうポツリとおっしゃった、ご自身の老いと向かい合った言葉。

そして脳梗塞で寝たきりだった祖母は、病気で家族と他人の区別もつかなくなり、少しの時間でも車椅子に座るのを嫌がっていました。
それなのに住み慣れた我が家で、私がカットをするその時間だけは車椅子に座っていることが出来ました。

別に私でなくとも良いのでしょう・・でも、どうしても美容室に行くことの困難なお客様に、その方の暮らしや体調にあった髪のお手入れをしていただきたい。
この田舎にも、美容道具を車に積んで、お客様のもとにお伺いする美容師が一人いてもいいだろうと考えました。
そして2006年暮れ、「いつでも どこでも おひとりから」をモットーの、訪問美容を始めました。
Top▲ by veronica-t | 2009-04-12 00:48 | 本業は訪問美容師 | Comments(0)
<< 気持ち良いシャンプーを・・・ | ページトップ | veronica >>