田園に豊かに暮らす
by veronica-t
最新の記事
明日を想いながら。。
at 2016-08-24 18:38
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
at 2016-08-18 06:21
朝露
at 2016-08-02 06:21
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
at 2016-07-27 23:21
ローザビアンカ、実る
at 2016-07-26 07:08
いなかみち
at 2016-07-23 13:01
竹を使って支柱作り
at 2016-07-22 07:11
フレンチトースト
at 2016-07-21 22:56
贅沢な朝食
at 2016-07-16 06:56
農園・ベルガモットと蜂
at 2016-07-14 05:37
カテゴリ
お気に入りブログ
link
最新のコメント
*鍵コメさん コメントあ..
by veronica-t at 06:10
*tomokeさん こん..
by veronica-t at 23:03
*eilakuyagar..
by veronica-t at 14:31
おはようございます。 ..
by tomoke at 11:05
あぁ〜、昔の故郷はこんな..
by eilakuyagarden at 18:59
*tomokeさん おは..
by veronica-t at 06:55
以前の記事
タグ
検索
記事ランキング
ファン
"Flower2" Skin by Animal Skin
明日を想いながら。。
明日、焚き火小屋に訪れてくれる子どもらを想いながら、竹を用いて、ぐるぐるパン用の棒を作る。


b0169869_19030127.jpg


パン生地を巻きやすいように、棒の先は細く…
熾火にかざしやすいように、程々の長さで…
パンが焼けるまで、この棒を持てるように、少し軽めに…

自分で焼いた美味しいパンの味と共に、この焚き火小屋での思い出が、みんなの記憶の何処かに残りますように。。


b0169869_19030254.jpg


明日のワークショップも、この秘密基地が沢山あるような、焚き火小屋の畑から始まります。





Top▲ # by veronica-t | 2016-08-24 18:38 | 焚き火小屋から | Comments(0)
ローザビアンカの支柱に竹を用いて
ローザビアンカの実がなりだして、竹を使って支柱を作りました。

b0169869_08523600.jpg


ローザビアンカは葉も実もが大きく、その実をゆっくり時間をかけて大きくしていきます。
割った竹を十文字にしただけの簡単な作りですが、そんなローザビアンカを支えるだけの強度はあります。


b0169869_08523656.jpg


枝を十分に広げ、実が美味しく綺麗な色になるように。。






Top▲ # by veronica-t | 2016-08-18 06:21 | 野菜について | Comments(0)
朝露
b0169869_20240260.jpg


朝露に濡れる野菜が、ほっとして喜んでいるように見えるのは、私だけなんだろうか。





Top▲ # by veronica-t | 2016-08-02 06:21 | 野菜について | Comments(2)
ゴーヤ、竹の支柱を増やす
b0169869_23553479.jpg


追肥はニュージーランド箱の草堆肥、水かけはせず、根元に刈り草を置くだけ。
上に伸びた親蔓を止めると良いというのに気付いたのは、子蔓や孫蔓が伸びてから。

それなのにこの暑さの中、元気に育ってくれています。
いや…勢いが良すぎて、なかなかそのハイペースについていけず、先日やっと支柱を増やしました。

b0169869_23553476.jpg


出来上がりるとゴーヤのトンネルみたい。。
かがみながら中を歩いて収穫するので、真ん中どころで抜け穴を作ると、ますます子どもなら格好の遊び場になる感じに。


b0169869_23553524.jpg



今日のように日差しがきつい日は、収穫がてら涼むと気持ち良く、このゴーヤの成長からすると、もう少し強度が必要な気もしますが、何だか楽しくなる空間です。


b0169869_23553533.jpg


Top▲ # by veronica-t | 2016-07-27 23:21 | 野菜について | Comments(0)
ローザビアンカ、実る
b0169869_21384358.jpg


綺麗な紫色に染まるローザビアンカ。

このローザビアンカの色と艶と形に惹かれたのは、今から5年前

そのときは、たまたま苗を購入して育てたのですが、その後なかなか苗が見つからず…
去年、自分なりの農業を始めたとき、やはり育てみたくて、そして嬉しいことに、数年前のあのローザビアンカのことを直売所でも覚えていて下さって、春まだ寒い頃から種を購入して栽培してきました。

しかし、ローザビアンカには、もう少し薄く白い線が入ったものなど色々あるようで、茄子が実るまで、これがどちらなのか分からずにいましたが、実が色付き始めると、艶のある紫色だったのでホッとしています。

この綺麗な紫色と艶と、コロンとした愛らしい形に、また出会えて嬉しい。。
ローザビアンカが、出荷出来るようになるまで、あともう少しです。





Top▲ # by veronica-t | 2016-07-26 07:08 | 野菜について | Comments(2)
いなかみち
b0169869_08344816.jpg


ここには何もない…と
私たちの世代は都会に憧れた

時代は変わり、娘たちの世代は
ここが好き
この空気が好き
この風景が好き…と言う

いつか帰っておいでね
この いなかに




Top▲ # by veronica-t | 2016-07-23 13:01 | 心象のスケッチ | Comments(2)
竹を使って支柱作り
b0169869_16360299.jpg


この畝の作物は種蒔きをして育てているもの。
右からトマト、バジル、食用ホオズキ、カモミール。
肥料は、苗の定植時にニュージーランド箱の草堆肥で、追肥はボカシ。
それぞれの根元には、乾燥予防に刈り草を草刈りの度に置いています。
それぞれに発育が良く、そろそろ支柱が必要になってきたので、竹と麻紐を使ってオリジナルなものを作ることにしました。


まずは、5m近くの竹を竹割機を使って割り、さらに鉈で扱いやすい幅に割り、少ない本数で丈夫にと、作物を挟むように十文字に組んでいきます。

b0169869_19540916.jpg


畑に遊びに来た子どもたちが、楽しく収穫出来るように、中を通れるようにトンネル式に。。

横から見たら、こんな感じ。。

b0169869_19540941.jpg


竹に麻紐を組んで、作物を這わせていきます。

b0169869_09133301.jpg


この食用ホオズキは、横に広がる種類のようですが、場所が狭いので縦に這わせていくことにしました。
これがホオズキにとって良いのかは、観察中。。


ホオズキ側

b0169869_09133329.jpg



トマト側

b0169869_09133431.jpg


少しかがみながら中も通れて、両サイドからの収穫が可能になりました。


b0169869_09133470.jpg


この畝の草は、シバ類を抜き、スベリヒユやハコベなど、夏の日差しから作物を守ってくれるもの草堆肥になりやすいものを生やすようにしています。

この畝の作物の成長は、今のところ他の畝より勢いが良いようです。





Top▲ # by veronica-t | 2016-07-22 07:11 | 野菜について | Comments(0)
フレンチトースト
b0169869_07211697.jpg


娘の大好きなフレンチトースト。

ノブフェン窯で焼いたシンプルパンを厚切りにカットして、地元産の牛乳やバター、卵を ふんだんに使って、今回はアイスも乗せて。。
仕上げに、庭の片隅に生えてるアップルミントを添えて出来上り。

「お洒落!」「美味しい!」と、今回も喜ぶ笑顔が見れたと、心の中でガッツポーズする。(笑)


b0169869_11312384.jpg


帰省した娘にと焼いたシンプルパンは、この数日の間、ピザになったりサンドウィッチになったりと色々と変化して、沢山の思い出をくれました。





Top▲ # by veronica-t | 2016-07-21 22:56 | パンを焼く焔を見つめながら | Comments(0)
贅沢な朝食
b0169869_08013575.jpg


早朝、農園にトマトを収穫に行き、出荷出来ないものをスライスする。

昨日ノブフェン窯で焼いた、シンプルパンを食べやすい大きさに切る。

パンに友人の作った美味しいジェノベーゼソースを塗って、採れたてのトマトを乗せて、イタリアのお土産に頂いたチーズを振って、ノブフェン窯で焼く。

何てことない朝食だけど、思い出す顔に「ありがとう」と言える、とても贅沢な朝食。。







Top▲ # by veronica-t | 2016-07-16 06:56 | 焔のある暮らし | Comments(2)
農園・ベルガモットと蜂
b0169869_22593551.jpg


早朝だというのに、ベルガモットの周りには、数匹のミツバチが飛び交っています。
去年より、ひと回り大きい蜂たちです。


b0169869_22593684.jpg


マクワウリの花が、もうすぐ咲きそうです。
大切な受粉の作業に、この蜂たちが大活躍してくれますように。。



Top▲ # by veronica-t | 2016-07-14 05:37 | 農園 | Comments(0)
| ページトップ |